介護とは

介護保険制度は、介護が必要になった高齢者やそのご家族を社会全体で支えていく仕組みです。
「介護が必要になる」のは限られた人だけでなく、誰にでもその可能性があります。
このようなリスクを多くの人で負担しあい、万が一介護が必要になったときに、サービスを受けられるようにする制度です。

介護サービスの利用手続きの流れ

介護保険で利用できるサービスは、大きく分けて次のようなサービスを受けることができます。

  • 介護サービスの利用にかかる相談、ケアプランの作成
  • 自宅で受けられる家事援助等のサービス
  • 施設などに出かけて日帰りで行うデイサービス
  • 施設などで生活(宿泊)しながら、
  • 長期間又は短期間受けられるサービス
  • 訪問・通い・宿泊を組み合わせて受けられるサービス
  • 福祉用具の利用にかかるサービス

要介護度や医療依存度によって、施設が変わってきます。

要介護度や医療依存度によって、施設が変わってきます。

介護保険の基礎知識

介護保険とは?

介護保険は2000年にスタートした制度です。それまでにも介護費用への補助制度はありましたが、より良い介護サービスを提供することなどを目的とし、現在の介護保険制度がつくられました。介護保険を利用することの一番大きなメリットは、利用者が支払う介護費用が『1割』と軽減される点です。

介護保険加入と保険料

40歳になった月から「介護保険」に加入します。医療保険(健康保険・国民健康保険)に加入している40歳以上の人は、すべて被保険者(加入者)になるので個別の手続きは必要ありません。「介護保険」の被保険者は年齢で2つに分けられ、サービスの利用内容や保険料の納め方などが異なります。

介護保険の保険証

65歳になり介護保険の第1号被保険者になると、医療保険の保険証と別に介護保険被保険者証(保険証)が市町村から交付されます。要介護認定の申請やケアプランの作成依頼、介護サービスを利用するときなどに「保険証」が必要です。40歳から64歳の第2号被保険者は、要介護・要支援の認定を受けた人などに交付されます。