介護特集

TOWN介護 FEATURE01 群馬県内の高校生の活躍
TOWN介護 FEATURE02

アンカンミンカン×群馬県内の高校生の活躍/吾妻中央高等学校福祉科

    
TOWN介護FEATURE02       アンカンミンカン ベットメイキングを体験       


福祉科3年 萩原みりあ さん
今回改めて笑顔で介助を行うことの楽しさや大切さを感じることができました。多くの人たちに福祉や私たちの活動について興味を持ってもらえたら嬉しいです。私は、今後も自分の理想の介護である「利用者様と介助者の笑顔で輝く介護」を目指して日々の勉強や施設実習などに取り組んでいきたいと思います。


福祉科1年 一場月那 さん
初めてベッドメイキングの方法を教えるということで、うまく教えられるか不安でした。しかし、アンカンミンカンのお二人が緊張をほぐしてくださったので、楽しくベッドメイキング指導を行うことができました。私たちは介護技術を学び始めたばかりなので、これから多くの介護技術を身に付けられるように頑張っていきたいと思います。


福祉科主任 武 幸男 先生
今回、アンカンミンカンのお二人に体験していただいた介護技術は、普段生徒が授業で学んでいる内容です。生徒はとても緊張している様子でしたが、普段勉強していることを教えることで、再確認を行うことができ、自分自身の介護技術の向上につなげることができたようです。



富所哲平(アンカンミンカン)
今回、吾妻中央高校の生徒さんに普段勉強している介護技術について教わりました!シーツのセッティングのテクニック、ロープレでの利用者様への気遣い、学習意欲、様々な部分で学生とは思えない意識の高さを感じました。実際に介護の世界に抱く想いもしっかりしていて頼もしかったです!!卒業してからも今の仲間を大切にそれぞれの現場で思う存分に頑張ってほしいと思います。一緒に介護業界を盛り上げていこう!!


川島大輔(アンカンミンカン)
吾妻中央高校のみんなには、意識の高さはもちろん、高い技術力に驚かされました!!ベッドのシーツを替えるだけで、あれだけ大変だとは思わなかったです。普通に汗かきました。そして、生徒たちの動きが機敏でコンビネーションの素晴らしさは体育会系バリだと感じるほどでした!今抱いている介護の仕事への思いを忘れずに、社会に出て介護の世界で、すばらしい介護をしている人として羽ばたいてもらいたいと思いました!!